URBAN UNIFORM




A few weeks back, before I left the UK, cut my hair, and spilled water on my laptop, me and my friend went out to fight post-final exam ennui. The Denys Wilkinson building belonging to the Department of Physics at Oxford University is one of my favourite places in the city. Designed by Philip Dowson in 1967, it is a masterpiece of brutalist architecture that unfortunately gets lost and forgotten in the old, fancy buildings that usually come to one's mind when you say Oxford.
Recently, I read an article that argued we were attracted to concrete because it reminds us of human skin - it transforms over the years, it cracks, it breathes. I agree. The magic of concrete is that it's a material that's alive.

この写真を友達に取られてもらったのはイギリスを出る前だった。卒業後の日々は少し詰まらなくて、オックスフォードの街に出かけた。このビルは私の大好きなオックスフォードの場所だ。デニス・ウィルキンソンビルと言われ、オックスフォード大の物理学科に所属している。1967年にイギリスの建築家フィリップ・ダウソンにデザインされたこのブルタリズムの名作は伝統的なオックスフォードの建物に隠れられているようで、気付かないほどだ。
最近コンクリートは肌に似ているから人にとって身近な材料だという記事を読んだ。肌のように常に変わっていき、割れ目が見られ、呼吸するものだ。私も賛成だ。コンクリートは生きているからこそ魅力的な材料だ。





photos by Tina Walsh

Dress - T by Alexander Wang
Sports bra - Adidas
Skinny ripped jeans - Cheap Monday
Blazer - Monki
Dad hat - Stüssy
Paper bag - Comme des Garçons
Hoop earrings - Monki
Heels - True Decadence

No comments:

Post a Comment

leave a note.